テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本人はなぜ狐を信仰するのか
松村潔著
-- 講談社, 2006.2 , 238p. -- (講談社現代新書 ; 1829)
ISBN : 新<9784061498297> , 旧<4061498290>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
江戸時代から「伊勢屋・稲荷に犬の糞」とどこにでもあるものの代名詞として謳われ、いまでも日本中にあるお稲荷さん。
しかし、そもそもなぜ稲荷は日本中に存在するのか?
なぜ稲荷と言えば狐なのか?
そして稲荷は何を祀っているのか?
古代エジプトからインド、そして中国から新羅、日本。
時間と空間を超え、稲荷信仰の謎に迫る。
第1章 日本の狐とは何か
第2章 神道系稲荷 伏見稲荷の構造
第3章 土地神様としての稲荷
第4章 仏教系稲荷 ダキニを祀る理由
第5章 狐の役割
第6章 稲荷縁起の謎
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP