テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
50年前の憲法大論争
保阪正康著
-- 講談社, 2007.4, 286p. -- (講談社現代新書 ; 1888)
ISBN : 新<9784061498884> , 旧<4061498886>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
本書は昭和三十一(一九五六)年三月十六日金曜日に開かれた「第二十四回国会衆議院内閣委員会公聴会」の記録である。
意見を聴いた案件は「憲法調査会法案について」。
三人の碩学にたいして与野党の八人の議員たちが鋭く切りこみ、丁々発止の議論が展開される。
この白熱の議事録から得られる知見は凡百の解説書より深い。
五十年の歳月を経ていま昭和史の肉声がよみがえる。
プロローグ 山本粂吉による開議
第1章 日本人の日本にしなくてはいけません—神川彦松の公述
第2章 国民の意思を反映したものと見るほかはない—中村哲の公述
第3章 議会制度にたいする国民の信頼はどうなってしまうのか—戒能通孝の公述
第4章 どのような成立の経過を経ようとも—石橋政嗣の質問
第5章 旧憲法に戻すつもりはないが—山崎巌の質問
第6章 日米安全保障体制のねじれ—片島港の質問
第7章 二人の旧軍人—眞崎勝次と辻政信の質問
第8章 日本のナショナリズムとアメリカの世界戦略—飛鳥田一雄の質問
第9章 自衛権はどうなるのか—大坪保雄の質問
エピローグ 茜ケ久保重光の質問
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP