テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
祭りと信仰 : 民俗学への招待
桜井徳太郎 著
-- 講談社 , 1987 , 328p. -- (講談社学術文庫 ; 812)
ISBN : 新<9784061588127> , 旧<4061588125>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
本書は、東北の恐山や伊豆利島、吉野・熊野の祭りと信仰など、日本の農山漁村の民衆の間に培われた伝承文化を追究した民俗採訪記である。
著者の学問的な関心が当初の地理学から歴史学、そして民俗学へと移行した、その転機をなしたのが柳田国男との出会いであった。
以来民俗調査へと深く沈潜し、やがて桜井民俗学の結実を見るに至る。
宗教と歴史と民族を包括した複眼思考のもとに民衆の基層文化の構築を目ざす桜井民俗学への招待。
第1部 日本の精神的風土(東北の民間信仰;祭りと信仰;孤島の哀愁—八丈小島;黒潮洗う離島—伊豆御蔵島;伊豆利島の奥霊様;吉野・熊野の信仰;淡路島新風土記;鬼ヶ島の祭礼と若者たち—讃州 女木島祭礼聞書;宇和の俗信)
第2部 歴史探究と民俗学(卑弥呼と民俗学;日本人の祖先観;死の儀礼—埋葬・墓制・供養など;生と儀礼—王朝時代の通過儀礼;抜け参りと民間信仰—民間における伊勢信仰の原初形態;門前町の移り変わり—宗教都市成立の歴史民俗学的考察;正月行事ノート;近世東国の民衆生活—『おくのほそ道』と『東遊雑記』;明治100年と靖国神社—日本における御霊信仰の系譜)〔ほか〕
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP