テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
イソクラテスの修辞学校 : 西欧的教養の源泉
廣川洋一 著
-- 講談社, 2005.7 , 335p. -- (講談社学術文庫 ; 1718)
ISBN : 新<9784061597181> , 旧<4061597183>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
古代ギリシアの教養理念に一大潮流を形成したイソクラテス。
プラトンらが教養の原理に数理諸学や哲学を置いたのに対し、彼は弁論・修辞学を対置し、教育を実践した。
やがてイソクラテスを源泉とする修辞学的教養はローマ、ルネサンスと受け継がれ、遠く近世にまで多大な影響を及ぼすことになる。
イソクラテスの理想と教育を生き生きと描いた好著。
1 序の章
2 イソクラテスの生涯
3 イソクラテスの学校
4 イソクラテスの教育
5 イソクラテスの教養理念
6 間奏の章?イソクラテスとプラトン
7 イソクラテス学校とアカデメイア
8 イソクラテスの伝統?キケロから近代まで
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP