テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
東亰時代 : 江戸と東京の間で
小木新造著
-- 講談社, 2006.6, 275p. -- (講談社学術文庫 ; 1765)
ISBN : 新<9784061597655> , 旧<4061597655>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
東京は、天下の総城下町から、一挙に近代国家の首都へと移行したのではない。
その過渡期は明治前半期であり、東京が「東亰」とも呼ばれた時代であった。
それは、文明開化の時流に取り残された江戸根生いの民が、江戸文化の名残を引きずりつつ生きた時代でもある。
江戸から東京へと変貌していく過程を生きた、市井の民の生活実態を浮き彫りにする。
序章 変革の嵐
第1章 「文明開化」の幻影
第2章 暮らしの曲線
第3章 開化の蔭で
第4章 庶民の遊び
第5章 寺子屋始末記
終章 東亰時代
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP