テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
戦国期の室町幕府
今谷明著
-- 講談社, 2006.6, 314p. -- (講談社学術文庫 ; 1766)
ISBN : 新<9784061597662> , 旧<4061597663>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
民衆が歴史の表舞台に登場し、日本文化の伝統が形成された戦国時代の京都。
その実像とはどのようなものか。
本書は山門と五山の争い、幕府財政、警察制度、徳政一揆等を素材に政治経済都市としての中世末期の京都を概観、応仁の乱後の自治都市成立までを精緻な論証に基づいて活写する。
中世史研究に一石を投じ高い評価を得た幻の名著、待望の文庫化。
第1章 東班衆の世界—室町幕府の財政と荘園政策(幕府の裁判記録にみる有徳人衆;室町幕府の財政構造 ほか)
第2章 五山と北嶺(南禅寺楼門撤却事件;根本中堂自焼事件 ほか)
第3章 門前検断と釘貫—権門の町屋支配(京都における門前検断;奈良における寺内検断 ほか)
第4章 落日の室町幕府(所司代から管領代へ;「堺幕府」の成立と崩壊 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP