テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
新しい薬をどう創るか : 創薬研究の最前線
京都大学大学院薬学研究科編
-- 講談社, 2007.4, 301p. -- (ブルーバックス ; B-1541)
ISBN : 新<9784062575416> , 旧<4062575418>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
一つの新薬の誕生が、不治の病から世界中の患者を救うかもしれない。
薬学の研究者はこれを『ファーマドリーム』と呼ぶ。
化学、分子生物学、薬理・薬剤学などたくさんの学問が絡み合う新薬創製は、そんな"夢"を追う努力の積み重ねでもある。
本書では、創薬の基本的な考え方から、ドラッグデリバリーシステム、ゲノム創薬など最新の研究まで幅広く紹介していく。
第1章 薬創りは『健康と病気の違いを知ること』から始まる
第2章 薬を合成する—薬創りに王道なし、薬の創造から製造まで
第3章 薬のターゲットタンパク質の構造を決定する
第4章 薬をデザインする—勘と経験からコンピュータナビゲーションへ
第5章 薬がなぜ効くかを調べる
第6章 抗ウイルス剤の開発
第7章 日本発 世界が驚いたアルツハイマー病治療薬の開発
第8章 生体防御の仕組みから抗菌剤を創る—平成版ガマの油の話
第9章 体の中の薬の動きを自由にあやつる
第10章 ゲノムで変わる医療、創薬
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP