テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
奪われた「三種の神器」 : 皇位継承の中世史
渡邊大門著
-- 講談社, 2009.11, 204p. -- (講談社現代新書 ; 2022)
ISBN : 新<9784062880220> , 旧<4062880229>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
壇ノ浦の合戦、南北朝の対立、皇位奪還を狙う後南朝──。鏡・剣・玉という、歴代天皇の皇位継承のシンボルを求めて繰り広げられた争奪戦を通して、中世期の神器をとらえなおす1冊。
第1章 宝剣喪失—鎌倉期における三種神器(三種神器とは何か;さまざまな表記 ほか)
第2章 南北朝における三種神器(大覚寺統と持明院統—南北朝の起源;元弘の変 ほか)
第3章 嘉吉の乱と赤松氏の滅亡(南朝復興運動;籤引きという儀式 ほか)
第4章 禁闕の変—神璽強奪(幕府内の大きな変化;内裏襲撃の目的 ほか)
第5章 長禄の変—神璽奪還と赤松氏再興(南朝皇胤の出奔;「一天無双の才」一条兼良の集大成 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP