テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
孤独な日銀
白川浩道著
-- 講談社 , 2014.01 , 220p. -- (講談社現代新書 ; 2242)
ISBN : 新<9784062882422> , 旧<4062882426>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
巨大組織に潜む「エリート意識」の構造を明らかにした“日銀組織論”!「日銀不要論」を免れるためにすぎない「独立性」は本当に必要なのか―。凋落するエリート集団の「存在意義」を問う。金融政策運営の失敗は誰の責任なのか。スケープゴートにされる日銀のジレンマとは―。
第1章 日銀マンとは何者か―巨大組織に潜む「エリート意識」の構造(半官半民;組織に潜むエリート意識 ほか);
第2章 日銀という組織―なぜ人々は「過度な期待」を寄せるのか(日銀の目的;資金取引の総元締め ほか);
第3章 日銀の歴史と総裁たち―「財政・金融の分離」と「独立性」への疑問(日銀の創立;日銀の生みの親・松方正義 ほか);
第4章 最高意思決定機関への懸念―問われる審議委員の存在意義(政策委員会と審議委員;完全に担保されていない独立性 ほか);
第5章 日銀の孤独と悲劇―「独立性」と「共同責任」の狭間で(政策運営は共同責任のはずなのに;スケープゴートにされる日銀 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP