テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
銀行問題の核心
江上剛; 郷原信郎著
-- 講談社 , 2014.02 , 226p. -- (講談社現代新書 ; 2252)
ISBN : 新<9784062882521> , 旧<4062882523>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
銀行員を主人公としたドラマ『半沢直樹』が大ヒット。銀行の仕事に改めて世間の注目が集まる中で起きた、みずほの反社融資問題。日本金融システムの中心メンバーであるメガバンクが好業績を続ける一方で、中小企業への融資がなかなか進まないのはなぜか? 銀行と金融庁との関係とは? 銀行と反社会勢力との関係とは? 資金繰りで苦労するまじめな中小企業を潰す検察の失敗とは? 現場の支店長を経験した人気作家と、企業の危機管理問題の第一人者である弁護士のふたりによる大議論。日本の銀行のいまに迫る!
第1章 みずほ銀行反社融資問題(反社融資の範囲;排除条項以前の融資をどうするか ほか);
第2章 反社融資問題(二〇〇〇年代後半から反社との関係が大きく変わった;不芳属性先 ほか);
第3章 中小企業融資問題(銀行にアクセスできない中小企業;日本振興銀行 ほか);
第4章 法システム・行政の問題(粉飾事件を巡って;検察不祥事、検察改革との関係 ほか);
第5章 これからの銀行、そして銀行員(棲み分けの必要性;銀行に求められるコンサルタントの力 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP