テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
加藤周一を記憶する
成田龍一著
-- 講談社 , 2015.4 , 458p. -- (講談社現代新書 ; 2310)
ISBN : 新<9784062883108> , 旧<4062883104>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
代表的知識人は日本の「敗戦後」をどう問い続けたのか。時代を超え、世代を超えて「歴史認識」を考えてみないか。日本と向き合い、希望を託す精神。
はじめに 加藤周一と戦後(戦後と知識人
「またぎ越し」の意味
「戦後」の問い方を問う ほか)
第1章 「急進的知識人」として(はじまりとしての一九四六年
マチネ・ポエティク
一九五〇年前後 ほか)
第2章 『雑種文化』の地平(「西洋」の地で
『雑種文化』とその構成
再考される「戦争」 ほか)
第3章 加藤周一の世界/日本(日本からの離脱
一九六〇年代
知識人原論)
第4章 自伝とことばと文学と(『羊の歌』を読む
『続 羊の歌』
一九六八年の加藤周一 ほか)
第5章 時評のなかの加藤周一(「戦後知」の変容のなかで
「夕陽妄語」散見)
おわりに 知識人・加藤周一(知識人として生きたひと
知識人の喪失した時代に希求されて
9条の「精神を生かすこと」 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP