テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日露近代史 : 戦争と平和の百年
麻田雅文著
-- 講談社 , 2018.4 , 471p. -- (講談社現代新書 ; 2476)
ISBN : 新<9784062884761> , 旧<4062884763>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
伊藤博文、後藤新平、松岡洋右…彼らはなぜ英米ではなくロシアに接近していったのか。幕末から敗戦に至る知られざるドラマ。日露戦争、シベリア出兵、ノモンハン事件、そして一九四五年の日ソ戦…幕末から敗戦までの、「遠い隣国」との知られざる関係史。
序章 未知の隣国への期待―幕末
第1章 樺太と朝鮮での覇権争い―明治時代(国境画定から深まった友好関係
日露関係の試練、大津事件
三国干渉の衝撃
日露戦争を回避せよ)
第2章 満洲で結ばれた互恵関係―日露戦争後~大正時代(ビジネスとしてのロシア接近
長州の元老を担いで
シベリア出兵という禍根
スターリンとの密談)
第3章 ユーラシア大陸を跨ぐ未完の同盟―昭和戦前(後藤新平の不肖の弟子、松岡洋右
国際連盟脱退とソ連への接近
日ソ中立条約の締結
独ソ開戦と日本の選択)
終章 ソ連に託された希望―終戦前後
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP