テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
知られざる大隈重信
木村時夫著
-- 集英社 , 2000 , 253p. -- (集英社新書 ; 0069D)
ISBN : 新<9784087200690> , 旧<4087200698>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
大隈重信は佐賀藩士の家に生まれ、漢学・蘭学・英学を学んで世界的な視野を開き、明治から大正期にかけて政治家として財政・外交に優れた手腕を発揮した。
また近代日本の設計者として、広く明治文明を推進した功績は大きい。
一九一五年の二十一カ条要求によって、日本を軍国主義、中国侵略へと導いたとする説もあるが、本書では特にこの点で「大隈功罪論」を再考する。
大隈の政治・外交の真意はどこにあったのか?
孫文とも袁世凱とも親交のあった大隈はどのような態度をとったのか?
また、山県有朋との確執や福沢諭吉との深い友情、素顔を語るエピソードなどを紹介して、大隈の人間的魅力を活写する。
佐賀における大隈—反発から飛躍へ
長崎における大隈—念願の英学研究
幕末動乱の中で
新政府出仕
明治政府の原動力
大隈と廃藩置県
岩倉使節団の米欧派遣
嵐を呼ぶ朝鮮問題
岩倉一行の帰国と朝鮮問題
六年政変以後の情勢〔ほか〕
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP