テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
デモクラシーの冒険
姜尚中, テッサ・モーリス‐スズキ著
-- 集英社 , 2004 , 269p. -- (集英社新書 ; 0266C)
ISBN : 新<9784087202663> , 旧<4087202666>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
一一〇〇万人を超える人類史上最大の反戦運動もむなしく、アメリカとその同盟国は、ついにイラク攻撃に乗りだします。
デモクラシーを高らかに謳いあげる国々による圧倒的な暴力は、人々の意志が政策に反映されることのない絶望的な光景を、かえって浮き彫りにしました。
果たして、政治はひと握りの人間によって決定され、他の者たちは粛々とそれに従うほかないのでしょうか?
本書では、世界的に進行するデモクラシーの空洞化を多角的に分析しながら、私たちの政治参加の可能性を探ります。
日豪屈指の知性による、深くて鋭い盛りだくさんの対話劇。
「イラク戦争以後の民主主義入門書」を片手に、いっしょに考えてみませんか。
序章 ヤギさん郵便、あるいはデモクラシーの議論への誘い
第1章 デモクラシーの空洞化—冷戦構造崩壊後、自由は勝利し、それによって自由な選択肢はなくなった
第2章 グローバル権力の誕生小史・第二次大戦後五〇年—国家と企業の癒着、民営化
第3章 政党、世論、ポピュリズム—デモクラシーのブラック・ボックス
第4章 直接民主主義と間接民主主義—デモクラシー思想の歴史と「外国人」
第5章 間奏曲「月夜の対位法」—デモクラシーは酸素なんだよね
第6章 ふたたび「暮らし」のなかへ—今、私たちに何ができるのか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP