テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ゲノムが語る生命
中村桂子著
-- 集英社 , 2004 , 251p. -- (集英社新書 ; 0270G)
ISBN : 新<9784087202700> , 旧<4087202704>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
地球上の生物は必ず細胞をもち、そこにはDNAがあり、人間も例外ではない。
すべての生物のゲノムには、生命の起源からの歴史が書き込まれている。
生物は皆仲間であり、人間も生きものの一つなのだ。
しかし、生命の時代とも言われる二十一世紀、生命科学研究が飛躍的に進展する中で、果たして科学技術文明は正しい方向に向かっているだろうか?
もう一度、日常の感覚、生きもの本来の感覚から、「生きているとはどういうことか」を、捉え直す時期に来ているのではないだろうか。
「生きる」「変わる」「重ねる」「考える」「耐える」「愛づる」「語る」という七つの動詞をキーワードに、生命を基本とする知の可能性をさぐる。
はじめに 「生きる」—生きものとしての人間
第1章 変わる—科学技術文明の見直し
第2章 重ねる—分ける方向からの転換
第3章 考える—第二のルネサンス
第4章 耐える—複雑さを複雑さのままに
第5章 愛づる—時間を見つめる
第6章 語る—生きものは究めるものではない
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP