テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
チョムスキー、民意と人権を語る
ノーム・チョムスキー著 ; 岡崎玲子聞き手 ; 鈴木主税論文翻訳
-- 集英社, 2005.11 , 183p. -- (集英社新書 ; 0319A)
ISBN : 新<9784087203196> , 旧<4087203190>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
確かな視点で世界に発信を続けるノーム・チョムスキーに、十六歳で新書デビューしたレイコが突撃インタビュー。
五〇歳以上の年齢差を超えて、軍事介入、アメリカの外交政策、日本と東アジア、京都議定書を含めた環境問題、国連安保理のあり様などについて問いかけていく。
また、チョムスキーが、世界人権宣言との関連でアメリカの政策について論じた「アメリカによる力の支配」を収録。
人権宣言が提唱している普遍性、すなわち、世界に住むすべての人に等しく適用されるべき人権擁護の原則が、なぜ現実には守られていないのかについて考察する。
ノーム・チョムスキーインタビュー—チョムスキーに聞く@MIT(武力行使と国際社会;コソボ空爆の事情;正当な介入はあるのか ほか)
チョムスキー教授へのインタビューを終えて(岡崎玲子)(愛国者チョムスキー;民衆の勝利;作られたアメリカ世論 ほか)
アメリカによる力の支配—世界人権宣言とアメリカの政策の矛盾(ノーム・チョムスキー)(世界最強の国について;ジョージ・オーウェル;援助と人権侵害 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP