テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
憲法九条を世界遺産に
太田光 ; 中沢新一著
-- 集英社, 2006.8.17, 170p. -- (集英社新書)
ISBN : 新<9784087203530> , 旧<4087203530>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
実に、日本国憲法とは、一瞬の奇蹟であった。
それは無邪気なまでに理想社会の具現を目指したアメリカ人と、敗戦からようやく立ち上がり二度と戦争を起こすまいと固く決意した日本人との、奇蹟の合作というべきものだったのだ。
しかし今、日本国憲法、特に九条は次第にその輝きを奪われつつあるように見える。
この奇蹟をいかにして遺すべきか、いかにして次世代に伝えていくべきか。
お笑い芸人の意地にかけて、芸の中でそれを表現しようとする太田と、その方法論を歴史から引き出そうとする中沢の、稀に見る熱い対論。
宮沢賢治を手がかりに交わされた二人の議論の行き着く先は…。
第1章 宮沢賢治と日本国憲法—その矛盾をはらんだ平和思想(日本に広がる憲法改正への動き
宮沢賢治と政治思想 ほか)
第2章 奇蹟の日本国憲法—日米合作の背後に息づく平和思想(平和憲法は「世界の珍品」
突然変異で出現した日本国憲法 ほか)
幕間 桜の冒険(賢治から遠く離れて
死の表現をめぐって
満開の桜の下で
生きることに意味はあるか
私の中の恍惚)
第3章 戦争を発動させないための文化—お笑いは世界を救えるか(思想表現としての芸
落語の表現から学ぶもの
武士道とお笑いの土壌は同じ
笑いが人を殺すこともある
イメージを体で伝える力)
第4章 憲法九条を世界遺産に—九条は平和学の最高のパラノイアだ(言葉の持つ力と危うさ
「不戦」と「非戦」の違い ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP