テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
脳と性と能力
カトリーヌ・ヴィダル, ドロテ・ブノワ=ブロウエズ著 ; 金子ゆき子訳
-- 集英社, 2007.6, 173p. -- (集英社新書 ; 0396)
ISBN : 新<9784087203967> , 旧<4087203964>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
女性は〈生まれつき〉女らしく、男性は〈生まれつき〉男らしいのだろうか。
もともと、女性はおしゃべりで、男性は権威的なのだろうか。
巷では、男女の知的能力や行動、感性の違いを、脳の生来的な違いに求めようとする言説があふれている。
それらは、どこまで根拠のあるものなのだろう?
さまざまな例を挙げながら、性差や能力と脳の関係について、神経生物学者と科学ジャーナリストがわかりやすく解説する。
第1章 男女間の争いにおける脳
第2章 違いを探せ—性によって、頭のなかにどんな差があるのか?
第3章 経験が頭脳をつくるとき
第4章 遺伝子とホルモンと性別
第5章 情動と知性はホルモンの支配下に?
第6章 行動にどのような進化の刻印が押されているのか?
第7章 性の混乱
第8章 「神経社会学」へ?
エピローグ
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP