テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
狂気の核武装大国アメリカ
ヘレン・カルディコット著 ; 岡野内正, ミグリアーチ慶子訳
-- 集英社, 2008.7, 252p. -- (集英社新書 ; 0450A)
ISBN : 新<9784087204506> , 旧<4087204502>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
世界の警察を自認するアメリカは、イラクが大量破壊兵器を保有しているとして「制裁」し、イランや北朝鮮の「核問題」を非難する。
しかし、世界でもっとも大量の核兵器を保有しているのは、ほかならぬアメリカである。
国家の基幹産業であり、最大の公共事業である軍需産業の権益を維持・拡大するため、絶えず「敵」を捏造し、天文学的な予算をつぎ込んで、大がかりな核軍備態勢を構築しているアメリカ。
本書は、圧倒的な調査力をベースに、この危険な大国の実態を、あますところなく暴いていく。
第1章 せっかくのチャンスが…
第2章 核戦争になると?
第3章 狂った世界—死の便利商品で遊ぶ核科学者と国防総省
第4章 死の商人たち
第5章 第二次マンハッタン計画
第6章 スター・ウォーズ—国家ミサイル防衛システム
第7章 宇宙—アメリカ帝国の新領土
第8章 湾岸とコソボの核戦争
第9章 ロッキード・マーチン大統領とスター・ウォーズ政権
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP