テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
陸海軍戦史に学ぶ 負ける組織と日本人
藤井非三四著
-- 集英社, 2008.8, 238p. -- (集英社新書 ; 0457D)
ISBN : 新<9784087204575> , 旧<408720457X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
日本は世界第四位の軍事大国といわれる。
しかしそれは、軍事予算、装備の質と量を意味するだけで、本当の軍事力をさすものではない。
組織としての危機管理能力、指揮系統の柔軟性と迅速性がなければ、ただの張子の虎である。
本書は戦前の陸軍、海軍の作戦行動の欠点を組織論という観点から明らかにし、今日につづく集団としての日本と日本人の問題点を探っていく。
第1章 戦争に求められる季節感
第2章 社会階層を否定した軍隊
第3章 戦う集団にあるべき人事
第4章 誤解された「経済」の観念
第5章 際限なき戦線の拡大
第6章 情報で負けたという神話
第7章 陸海軍の統合ができない風土
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP