テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
在日一世の記憶
小熊英二, 姜尚中編
-- 集英社, 2008.10, 781p. -- (集英社新書 ; 0464D)
ISBN : 新<9784087204643> , 旧<4087204642>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
朝鮮半島に生を受けながらも日本の植民地政策に起因して渡日し、そのまま残留せざるを得なくなった人々、およびその子孫—在日。
二〇〇三年秋、かれら第一世代の体験談を記録するプロジェクトが始まった。
それから五年。
民族団体の活動家、文学者、ハングルソフトの開発者、サハリンからの引き揚げ者、被爆者、歴史学者、音楽家、画家、海女、焼肉屋、教会関係者等々、本書に収められた有名無名の五二人の人生は、既存の「戦後/解放後」史のフレームには嵌らない、圧倒的な独自性を有している。
東アジアの狭間の時空を力強く生き抜いた魂の証言集。
植民地の『恨』を「アリラン」に託し、語り継ぐ
朝鮮での暮らしと日本での暮らし
映画化された海女の半生
何がなんでも自分の国が一番美しいよ
騙されて北海道の炭鉱に強制連行
三つの協会を建築した牧師の師母
働いて、働いて、働いて
強制連行同胞の遺骨収集し、納骨堂完成
突然、倉庫に入れられて北海道へ
家族を守って〔ほか〕
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP