テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
六ケ所再処理工場 : 「最悪」の核施設
小出裕章, 渡辺満久, 明石昇二郎著
-- 集英社 , 2012.8, 189p. -- (集英社新書 ; 0653)
ISBN : 新<9784087206531> , 旧<408720653X>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
様々な原発報道において、なぜか盲点になっている場所がある。それが、青森県六ヶ所村の「使用済み核燃料再処理工場」だ。本格稼働すると「原発が一年で放出する放射能を一日で放出する」と言われるこの施設では、いくつものお粗末な欠陥が露呈し、しかも、直下には明らかに活断層が存在する。その危険性は、通常の原子力発電所の比ではない。本書は、それぞれの分野で「六ヶ所」にアプローチしてきた専門家たちの切実な訴えで構成されている。
第1章 「原子力後進国」日本の再処理工場が招く地球汚染の危機(五感に感じなくても著しく危険な放射線;放射線の危険性に対する「認識」の進化 ほか);
第2章 シミュレーション「六ヶ所炎上」(裂けた核燃料再処理工場;シミュレーションの概要 ほか);
第3章 核燃料サイクル基地は活断層の上に建っている(福島第一原発事故の根源となった国の「安全審査」体制;島根原発直近の「鹿島断層」過小評価事件 ほか);
第4章 再処理「延命」のため浮上した日本「核武装」論(二人の「工業技術院」OB;「再処理路線」にしがみつく本当の理由 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP