テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
東海・東南海・南海巨大連動地震
高嶋哲夫著
-- 集英社 , 2013.2, 216p. -- (集英社新書 ; 0679)
ISBN : 新<9784087206791> , 旧<4087206793>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
日本列島、そして環太平洋地域が地震活動期に入った今、いつ次の大災害が発生してもおかしくない。とりわけ、東海・東南海・南海地震は今後数年~数十年のうちに襲来すると考えられており、さらにそれらが連動するケースでは、東日本大震災を凌駕する大惨事になると想定されている。本書は、関東、東海、近畿、四国、九州におよぶ広範な被害対象地域で発生する「最悪の事態」を、客観データをもとにリアルにシミュレーションし、「その日」への備えを喚起するものである。
第1章 東海・東南海・南海地震とは(日本列島を襲う連動地震の脅威;歴史の見直し;四連動地震というリスク);
第2章 日本水没の危機(東京都;神奈川県;静岡県 ほか);
第3章 来たるべき未来に向けて(企業の再起;各自治体の役割;国家の役割)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP