テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
亡国の集団的自衛権
柳澤協二著
-- 集英社 , 2015.2, 190p. -- (集英社新書 ; 0774)
ISBN : 新<9784087207743> , 旧<4087207749>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
安倍政権は、集団的自衛権の行使容認をめざして、着々と足場を固めている。戦後七〇年間続いてきた「憲法九条」体制も、大きく揺らいでいる。著者は、イラク戦争時に、小泉、安倍(第一次)、福田、麻生の四代の総理大臣の下、自衛隊海外派遣のための法整備と現場指揮を主導した、元防衛官僚である。「立憲主義」への挑戦ともいうべき現政権の安全保障政策を、豊富な事例を挙げながら徹底批判。わが国でもっとも戦争を知る人物だからこその、国際紛争の現実に即した説得力のある議論を展開!
序章 集団的自衛権の視点(真の政策目標はどこにあるのか
自衛隊を出動させることの重み ほか)
第1章 集団的自衛権と日米ガイドライン改定の行方(ガイドライン改定中間報告
イスラム国・中国・北朝鮮とガイドライン
政治が先か軍事が先か)
第2章 七月一日閣議決定のおかしさ(従来の政府見解との乖離
現実性のない事例
効かない歯止め)
第3章 バラ色の集団的自衛権(「普通の国」とは何か
何を抑止するのか?
抑止力を高めて日本を平和にする? ほか)
第4章 国際情勢はどう変わったか(戦争をめぐる要因・戦争のやり方
「米国による平和」の行方
米中の力関係 ほか)
第5章 集団的自衛権は損か得か(日米同盟のバランス感覚
米中対決のシナリオと日本の役割
日中戦争とアメリカの対応)
第6章 世界の中でどう生きるか―今日の「護憲」の意味(日本とは、どういう国か
日本のパワーの源泉と弱点)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP