テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
奇跡の村 : 地方は「人」で再生する
相川俊英著
-- 集英社 , 2015.10, 220p. -- (集英社新書 ; 0804)
ISBN : 新<9784087208047> , 旧<4087208044>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
少子高齢化と人口減少により「地方消滅」が叫ばれて久しい。そんな中、長野県下伊那郡下條村は、全国の自治体関係者から「奇跡の村」と呼ばれている。少子化対策に目覚ましい成果をあげてきたからだ。「陸の孤島」と揶揄される人口約四〇〇〇人の山村が、一九九八~二〇〇二年の五年間平均出生率で長野県トップを記録。現在でも、全国平均一・四三人を上回る一・八八人(二〇一三年)と、トップクラスの高い出生率を誇る。その秘密はどこにあるのか?この下條村を中心に、独自の移住促進策で「消滅論」に抗う各地の山村を取材。この先の社会に光を点す、希望のルポルタージュである。
第1章 奇跡の村「下條村」(下條村・序論
カリスマ村長
意識改革
資材支給事業
若者定住策
下條村の今)
第2章 消滅可能性ナンバーワン?「南牧村」を訪ねて(南牧村の今と昔
成果なき活性化策
古民家バンク
移住者たち
元気な高齢者)
第3章 人をつなげる役場職員「旧・藤野町」(元女性町議の回想
様々な新住民
「藤野町」の消滅
トランジション・タウン
ヒューマンパワースポット)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP