テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
安倍官邸とテレビ
砂川浩慶著
-- 集英社 , 2016.04, 206p. -- (集英社新書 ; 0830)
ISBN : 新<9784087208306> , 旧<4087208303>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする

安倍官邸は、時にはハードに、時にはソフトに、さまざまな手管を駆使しながら「免許事業」であるテレビ局を揺さぶり続けている。NHK人事への「介入」、選挙報道に対する「お願い」、番組内容に関する呼びつけと事情聴取、各局経営幹部との頻繁な会食、総理出演局の露骨な選別、放送法の解釈をめぐるBPOとの対立、スポンサーへの圧力を広言する議員、「キャスター個人攻撃」の意見広告、「電波停止」に言及する大臣―などについて解説し、政権に翻弄されるテレビ報道の実態を示す。
第1章 自民党とテレビ(言論弾圧の歴史
日本国憲法と放送法 ほか)
第2章 安倍晋三氏とテレビ(初当選から第一次安倍政権まで
第一次安倍政権でのメディア対応)
第3章 NHKと民放(NHKの「政治的背景」
歴代会長と自民党との因縁 ほか)
第4章 第二次安倍政権によるメディア介入(メディアの選別
NHK籾井体制をめぐる諸問題 ほか)
第5章 「表現の自由」は誰のために(そして誰もいなくなった?
テレビは「オワコン」か ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP