テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
だから演劇は面白い : 「好き」をビジネスに変えたプロデューサーの仕事力
北村明子著
-- 小学館, 2009.10, 187p. -- (小学館101新書 ; 050)
ISBN : 新<9784098250509> , 旧<4098250500>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
段田安則、堤真一などを擁するマネジメントプロダクション「シス・カンパニー」の社長にして、25年にわたり手がけた舞台がすべて黒字という驚異の結果を出し続ける演劇プロデューサー・北村明子。興行は水もの、の常識をくつがえすこの記録は、いかにして成し遂げられたか。
劇団「夢の遊眠社」、野田秀樹と組んだ企画制作会社「NODA・MAP」を経て、いまも「私自身が観たい芝居しかつくらない」ポリシーを貫く彼女が「“好き”を仕事に変える力」を語りおろす。
第1章 「夢の遊眠社」黒字化が出発点だった
第2章 舞台をプロデュースするーNODA・MAPの成功
第3章 私が観たい舞台をつくるーシス・カンパニー制作始まる
第4章 シス・カンパニー躍進の秘訣
第5章 私の芝居づくりの法則
第6章 役者を「芸能界」で息させる
第7章 思い通りにいかないから舞台も人生も面白い
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP