テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
中東迷走の百年史
宮田律著
-- 新潮社 , 2004 , 207p. -- (新潮新書 ; 071)
ISBN : 新<9784106100710> , 旧<4106100711>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
内戦状態に突入したイラク、自爆テロと報復の連鎖が止まらないパレスチナ、いまだに「国家」の体を成さないアフガニスタン、ロシアに血みどろの戦いを挑むチェチェン—。
「世界の火薬庫」と化した中東の「いま」を理解するには、少し立ち止まって、現代史の百年を振り返るのが近道だ。
焦点となっている十二の国・地域を取り上げて、紛争の理由を原点から探る、中東入門書の決定版。
イラク—民主化どころか無政府状態へ
イスラエルとパレスチナ—解のない方程式
サウジアラビアとイエメン—聖地の足元に拡がる火
イラン—「宗教」から「民族」へ帰る日
トルコ—ヨーロッパと中東の間で
クルド—中東最大の「少数民族」
アフガニスタン—なぜタリバンが生まれたか
カシミール—核戦争の発火点?
中央アジア—シルクロードのイスラム過激派
カフカス—ロシアとチェチェンの二百年戦争
東アフリカ—中東の最も柔らかい下腹部
マグレブ三国—フランス支配が遺した混迷
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP