テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日教組
森口朗著
-- 新潮社, 2010.12, 239p. -- (新潮新書 ; 397)
ISBN : 新<9784106103971> , 旧<4106103974>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
日教組とは何か?生徒の学力低下に荷担したと糾弾され、先生の指導力低下を放置したと非難され、挙げ句には日本をダメにした元凶とまで名指しされてきた。そして今、民主党政権の誕生によって再び注目されている。が、実態は意外と知られていない。GHQ指令下、文部省によって作られ、かつては校長以下九割以上の先生が加入していた組織の歴史をたどりながら、その思想、所業、暗部、すべてを丸裸にする。
序章 ある平凡な日教組教員の日常
第1章 「日教組」の誕生(すべては「新教育指針」から
「押し付け=悪」の原点 ほか)
第2章 「教団」としての日教組(なぜ教師が「聖職者」なのか
戦後民主主義の布教者 ほか)
第3章 「ムラ」としての日教組(校長も教頭も加入していた
勤務評定を拒否した校長たち ほか)
第4章 「戦犯」としての日教組(「日教組が日本の教育をダメにした」という神話
とにかく批判されつづけた ほか)
第5章 日教組とのつき合い方(なぜ民主党は日教組の言いなりなのか
正常化を装う日教組 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP