テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
人口激減 : 移民は日本に必要である
毛受敏浩著
-- 新潮社 , 2011.9, 191p. -- (新潮新書 ; 435)
ISBN : 新<9784106104350> , 旧<4106104350>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
日本の人口減少が止まらない。このままでは、内需の縮小による経済的後退のみならず、活力そのものが失われ、日本は世界から取り残されていくばかりだ。本書では、人口減少化社会への劇薬として、移民受入れを議論する。彼らの労働力や「多文化パワー」を最大限に活かす方法、その経済的効果、本当の受入れリスクなどを検証。はたして移民は、"救世主"となるのか。国際交流のスペシャリストによる、新しい日本再生論。
序章 失われた「経済電圧」
第1章 二〇三五年 鎖国編
第2章 開国を拒む心理
第3章 世界から取り残される日本
第4章 ビジョンなき受入れ現場
第5章 二〇三五年 開国編
第6章 移民受入れで変わる日本
第7章 草の根の受入れ基盤
第8章 それでも日本に移民は必要である
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP