テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
外交プロに学ぶ修羅場の交渉術
伊奈久喜著
-- 新潮社 , 2012.11, 191p. -- (新潮新書 ; 494)
ISBN : 新<9784106104947> , 旧<4106104946>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
外交のプロたちは、交渉に臨むビジネスマンにとって最高の教師である。要求を突きつけ、相手を説き伏せ、国益を守る彼らは、熾烈な戦いに勝つためのテクニックや戦略、言葉を持っている。説得力を失うNGワード、非常識な相手との付き合い方、ナメられる交渉者の特徴、「交渉決裂」をどう表現するか…。日経新聞で長年外交・安全保障を担当してきた記者が、巧妙で周到な「プロの交渉術」を紹介する。
交渉人は「べき」を使うな―北朝鮮を説得するには;
危機管理の基本は「フルテキスト」―菅直人はなぜ批判されたのか;
「二本線」で問題を整理する―「角福戦争」はいつまで続いたか;
たった「一文字」が命とり―「小泉発言」はなぜ問題になったのか;
「距離の専制」を利用せよ―なぜホワイトハウスで働きたがるのか?;
たとえ話をうまく使おう―小沢一郎をどう捉えるか;
あえて「逆説」を持ち出そう―アメリカは日本をどう説得したか;
交渉決裂でも「合意」と言う―〓(とう)小平は尖閣問題をどうかわしたか;
「用心深い楽観論」は万能である―専門家は中国をどう見ているか;
「歳の差」をわきまえて付き合う―アジア諸国は何歳か;
時には荒っぽいやり方も―ソ連は会議に何を連れてきたか;
真理は中間にあり―ゴルバチョフは信用できたのか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP