テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
原発と政治のリアリズム
馬淵澄夫著
-- 新潮社 , 2013.1, 207p. -- (新潮新書 ; 504)
ISBN : 新<9784106105043> , 旧<4106105047>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
突然、原発事故対応の現場に放り込まれた著者は、眼前の光景に愕然とする。「政治主導」をはき違えた政府、楽観論にこだわる「原子力ムラ」…機能不全の現場には「リアリズム」が欠如していたのだ。高線量下で現場作業をどう進めるか?原発をコントロールすることは本当に可能か?真の危機管理能力とは何か?政治の無力さに苦悩しつつ、その役割と意義を自問し続けた経験から語る現実主義的政治論。
突然の要請;そこで何が起きていたのか;
なぜ現場は混乱していたのか;
困難なミッションを進めるには;
「最悪の事態」をどう想定すべきか;
情報とデータをどこまで信用するか;
原子力ムラの論理とは;
政治家はなぜ危機に対応できなかったのか;
現場を見ることの意味とは;
私たちは危険をコントロールすることができるのか;
これからの原発をどう考えるか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP