テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
知の訓練 : 日本にとって政治とは何か
原武史著
-- 新潮社 , 2014.07, 222p. -- (新潮新書 ; 578)
ISBN : 新<9784106105784> , 旧<4106105780>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
“知”を鍛えれば、「この国のかたち」がはっきりと見えてくる―。西洋から輸入した国会中心の「政治」と、天皇中心の「政事」。両者がせめぎ合い、日本という国は形作られてきた。「なぜ皇居前で暴動が起きないのか」「伊勢神宮vs.出雲大社」「アメリカ化する地方」等、都市や宗教、時間、性といった私たちの日常に隠れた「政治」の重要性を説き明かす。長年の研究成果を惜しみなく盛り込んだ、“学び”の喜び溢れる白熱講義!
第1章 だれが日本の時間を支配しているのか―時間と政治
第2章 なぜ日本では「広場の政治」が根付かないのか―広場と政治
第3章 日本でもっとも政治的な神社―神社と政治
第4章 なぜ「神道は宗教に非ず」とされたのか―宗教と政治1
第5章 二つの神“伊勢神宮vs.出雲大社”―宗教と政治2
第6章 なぜ東京には政治の“中核”がないのか―都市と政治1東京編
第7章 いかにして民都・大阪は生まれたのか―都市と政治2大阪編
第8章 アメリカ化する地方と親心の政治―地方と政治
第9章 元始、日本の女性は政治的存在だった―女性と政治
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP