テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
チャイナハラスメント : 中国にむしられる日本企業
松原邦久著
-- 新潮社 , 2015.1, 236p. -- (新潮新書 ; 602)
ISBN : 新<9784106106026> , 旧<4106106027>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
世界シェアトップのトヨタの販売台数が、なぜ中国ではGMの三分の一なのか。そこには「チャイナハラスメント」とでも呼ぶべき巧妙な嫌がらせが関係している。反日に傾く世論を気にする共産党にとって、中国に進出した日本企業は格好の標的なのだ。改革開放以来三十年の変遷を見てきた著者が、中国人ビジネスマンの頭の中と共産党の思考回路を徹底解説。中国ビジネスに求められる「冷徹な戦略」も詳述する。
第1章 中国人ビジネスマンの頭の中
第2章 日本人ビジネスマンの落とし穴
第3章 中国ビジネスに潜むこれだけのリスク
第4章 中国経済の将来は明るくない
第5章 中国事業の責任者に必要なマネジメント技術
第6章 中国人ビジネスマンとの交渉術二十箇条
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP