テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
小林カツ代と栗原はるみ : 料理研究家とその時代
阿古真理著
-- 新潮社 , 2015.5, 255p. -- (新潮新書 ; 617)
ISBN : 新<9784106106170> , 旧<4106106175>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
テレビや雑誌などでレシピを紹介し、家庭の食卓をリードしてきた料理研究家たち。彼女・彼らの歴史は、そのまま日本人の暮らしの現代史である。その革命的時短料理で「働く女性の味方」となった小林カツ代、多彩なレシピで「主婦のカリスマ」となった栗原はるみ、さらに土井勝、辰巳芳子、高山なおみ…。百花繚乱の料理研究家を分析すれば、家庭料理や女性の生き方の変遷が見えてくる。本邦初の料理研究家論。
プロローグ―ドラマ『ごちそうさん』と料理研究家(料理研究家誕生
主婦の時代の到来)
第1章 憧れの外国料理(高度成長期の西洋料理―江上トミ、飯田深雪
一九八〇年代のファンシーな料理―入江麻木、城戸崎愛
平成のセレブ料理研究家―有元葉子)
第2章 小林カツ代の革命(女性作家の時短料理術
小林カツ代と「女性の時代」
カツ代レシピを解読する
息子、ケンタロウの登場)
第3章 カリスマの栗原はるみ(平成共働き時代
はるみレシピの魅力
あえて名乗る「主婦」
最後の主婦論争)
第4章 和食指導の系譜(昭和のおふくろの味―土井勝、土井善晴、村上昭子
辰巳芳子の存在感―辰巳浜子、辰巳芳子)
第5章 平成「男子」の料理研究家―ケンタロウ、栗原心平、コウケンテツ(レシピ本ブームの裏で
男の料理『男子ごはん』開始 ほか)
エピローグ―プロが教える料理 高山なおみ(料理研究家とは
シェフ出身の高山なおみ ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP