テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本を蝕む「極論」の正体
古谷経衡著
-- 新潮社 , 2018.1, 221p. -- (新潮新書 ; 751)
ISBN : 新<9784106107511> , 旧<4106107511>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
極論を目にすることが増えた。政界、教育現場、論壇、職場、メディア…あらゆる場所で左右も保革も関係なく、ちょっと冷静になれば明らかに変だとわかることを声高に主張し、他人を糾弾する「極端な人たち」が目立つ。それはかつての連合赤軍やオウム真理教を想起させる存在だ。「バブル賛歌」「TPP亡国論」「地方消滅」「憲法九条無殺生論」等々、はびこる極論の奇怪さを嗤い、その背景を考察する。
序章 電子時代の囚人たち
第1章 「教育現場」の極論―組体操と二分の一成人式
第2章 「日本共産党」の極論―内部留保は本当に存在するのか
第3章 「TPP亡国論」という極論―トランプがすべてを吹き飛ばした
第4章 「バブル賛歌」という極論―リアル半沢たちの悪しきノスタルジー
第5章 「地方消滅」という極論―夕張はずっと衰えていた
第6章 「プレミアムフライデー」という極論―土日休みは常識ではない
第7章 「日本会議黒幕説」という極論―原稿料はクオカード
第8章 「男系・女系」という極論―小林よしのりとゆかいな仲間たち
終章 二一世紀のインパール
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP