テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
バッシング論
先崎彰容著
-- 新潮社 , 2019.06, 203p. -- (新潮新書 ; 816)
ISBN : 新<9784106108167> , 旧<410610816X>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
人間社会を善悪で二分したがる知識人、右も左も議論の底が抜け落ちた言論空間、異論を排除するだけの飽くなき他者否定、情報化社会への適応を叫ぶ教育論議―いったいなぜ、日本人はこれほど余裕を失ってしまったのか。くり返されるバッシングに浮かびあがる社会の構造変化をとらえ、異様なまでに「マジメ」な人たちであふれた「美しい国」の病根をえぐりだす。
まえがき―「マジメ」で「美しい」人々
1 「善意」がテロを呼ぶ―バッシング論
2 「辞書」を失った現代人―情報化社会論
3 「大きな物語」は危うい―ロマン主義論
4 「流行」が国家を潰す―西郷隆盛論
5 「おことば」が象徴したもの―ポピュリズム論
6 「言論空間」が荒廃してゆく―保守主義論
7 「フクシマ」と「オキナワ」は同じではない―民族感情論
8 「否定」という病が議論を殺す―国家像論
あとがき―歎息の時代に
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP