テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ドル・人民元・リブラ : 通貨でわかる世界経済
中條誠一著
-- 新潮社 , 2019.11, 187p. -- (新潮新書 ; 837)
ISBN : 新<9784106108372> , 旧<4106108372>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
一言でいえばこうだ。ドル=経済をカジノ化させた主犯。ユーロ=期待を裏切り存在感は限定的。人民元=昇竜に立ちはだかる国際化の壁。リブラ=可能性と危険性を孕む「夢の通貨」。円=黄昏を越え輝きを取り戻せるか。物の取引のツールだったはずのお金(通貨)が、逆に経済全体を動かすようになってしまった現在。主役としての通貨を理解することで、一見複雑怪奇な世界経済の構造が、すっきりわかるようになる。
第1章 ドル―世界に君臨し続ける旨み(「物の取引」を凌駕する膨大な金融資産
「カジノ資本主義」の不安定性 ほか)
第2章 ユーロ―再び危機は起こるのか(通貨統合とはどういうことか
為替リスク回避など大きなメリット ほか)
第3章 人民元・円―アジアで覇権を握るのは(通貨の「三国志」時代が到来すれば
基軸通貨への名乗りを上げた人民元 ほか)
第4章 仮想通貨―ビットコインとリブラの未来(「億り人」に沸いたビットコイン狂騒曲
お金とは「買い物で支払いに使われるもの」 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP