テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
モラリストの政治参加 : レイモン・アロンと現代フランス知識人
杉山光信著
-- 中央公論社 , 1987 , 195p. -- (中公新書 ; 834)
ISBN : 新<9784121008343> , 旧<4121008340>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
1983年10月17日、レイモン・アロンは名声の頂点にあって逝去した。
しかし、その名声の意味する「透徹した知性」がアロンの素顔であったのだろうか。
アロンは生涯学問と政治の関係、歴史の意味、知識人の役割などを考察し続けたが、彼にそうなさせたのは何だったのか。
本書は、現代フランス思想史を背景に、アラン、サルトルなどと対比しながら、学者=ジャーナリスト、アロンの思考の足跡を辿り、今日の思想的課題を考える。
第1章 アロン以前のアロン
第2章 ドイツ留学
第3章 アロンの歴史認識
第4章 マックス・ヴェーバー体験
第5章 サルトルという両義的存在
第6章 戦後思想のパラダイム転換
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP