テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
遊女の文化史 : ハレの女たち
佐伯順子著
-- 中央公論社 , 1987 , 245,4p. -- (中公新書 ; 853)
ISBN : 新<9784121008534> , 旧<4121008537>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
遊女とはかつて「性」を「聖なるもの」として生き、神々と共に遊んだ女たちであった。
本書は従来の遊女史の枠を越え、万葉集、謡曲、梁塵秘抄、から御伽草子、近松、西鶴、荷風、吉行淳之介に至るまで、文学に現われた遊女像の系譜を辿りつつ、文化を育んだ「遊び」の姿を明らかにする。
ホイジンガの遊戯論に示唆され、比較文学の手法を駆使して試みられた遊女論であると共に、新しい文化論、女性論への展望を拓く意欲作。
第1部 色恋と歌舞の女神(イシュタルの章—古代における性と遊びの位相;ミューズの章—歌舞の菩薩;和泉式部の章—色好みと歌の徳;高尾太夫の章—愛欲の女神;花子の章—「花」の体現)
第2部 薄幸の乙女たち(松浦佐用姫の章—聖なる花嫁;妙の章—無常の悟り;小野小町の章—流浪の聖女;お初の章—愛の殉教者;お雪の章—慈愛の聖母)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP