テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
鄧小平伝
寒山碧著 ; 伊藤潔訳編
-- 中央公論社 , 1988 , 186p. -- (中公新書 ; 879)
ISBN : 新<9784121008794> , 旧<4121008790>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
三度失脚の憂き目をみながら、「屈伸哲学」の実践によってその都度復活をはたし、不死鳥として世界の注目を浴びる鄧小平。
その軌跡については臆測をまじえて様々な説が行われている。
本書は新資料によって、軍隊時代、失脚中の消息、私生活など従来の誤りを正しまた空白を埋めて、フランス留学の「ガリ版博士」が「一言堂主」として現代中国に君臨するまでを毛沢東、周恩来、劉少奇、「四人組」らとの多彩なエピソードで描き出す。
少年時代
政治処処長と秘書長
一回目の失脚
国共内戦
西南の土皇帝
副総理に
高饒粛清事件
党と国家の指導者に
彭徳懐の粛清
中ソ論争・対立
毛沢東語録登場
文革の導火線
文革の緒戦
毛沢東と鄧小平
紅衛兵登場
二回目の失脚
林彪墜死
周恩来とともに
三回目の失脚
天安門事件
四人組逮補
華国鋒体制のもとで
米中国交とベトナム「懲罰」鄧小平の「院政」体制〔ほか〕
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP