テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
敗者の維新史 : 会津藩士荒川勝茂の日記
星亮一著
-- 中央公論社 , 1990 , iii, 219p. -- (中公新書 ; 967)
ISBN : 新<9784121009678> , 旧<4121009673>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
朝敵とされた会津の人々の上に、戦火の嵐は否応なく襲いかかった。
その中で、荒川勝茂は勇猛を誇る佐川官兵衛隊にあって血槍を振るい、戦争の惨劇を身をもって体験した。
戦後は新潟での謹慎、さらには慈しむ家族とともに、下北の苛酷な暮しを強いられる。
迎えた新生日本も、勝茂一家を窮乏と苦悩から解き放つことはなかった。
しかし、勝茂は会津武士の矜持を捨てず、試練に耐えた。
彼は履歴書に記す。
“罰かつて受けし事なし”と。
1 京都守護職
2 戊辰戦争
3 血の海
4 無念の白旗
5 越後高田での謹慎
6 会津藩再興
7 苦闘する斗南藩
8 故郷での再起
9 怒りと悲しみ
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP