テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
複合不況 : ポスト・バブルの処方箋を求めて
宮崎義一著
-- 中央公論社 , 1992 , iv, 262p. -- (中公新書 ; 1078)
ISBN : 新<9784121010780> , 旧<4121010787>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
80年代半ば以降、米国と日本で起きたバブルの発生と崩壊のメカニズムを実証的に分析し、今回の不況は金融の自由化の帰結として生じた金融部門の経営悪化にリードされて引き起こされた新しい不況であること、問題の焦点が有効需要より信用逼迫に大きく移動したことを明らかにする。
したがって従来のような有効需要拡大政策もなかなか効果を現わさない理由が解明され、正確な診断による有効な処方箋の必要に応える労作である。
1 新しい経済現象
2 アメリカの景気後退
3 日本の複合不況
4 金融自由化の帰結としての複合不況
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP