テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
サハリン棄民 : 戦後責任の点景
大沼保昭著
-- 中央公論社 , 1992 , iv,228p. -- (中公新書 ; 1082)
ISBN : 新<9784121010827> , 旧<4121010825>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
戦前・戦中、炭坑資源開発のためサハリン(樺太)に渡った労働者の中には強制的・半強制的に募集・連行された韓国・朝鮮人が数万人いた。
終戦とともに始った引き揚げ事業はサハリンにも及んだが、その中に帝国臣民として徴用された朝鮮人は含まれていなかった。
彼らはソ連統治下のサハリンに残されたのである。
冷戦・南北朝鮮対立という国際環境、そして日本の戦後責任への無自覚に抗し、故郷訪問に至るまでの45年の足跡を克明に辿る。
第1章 サハリンに渡った人々
第2章 故郷に帰る日本人、残される朝鮮人
第3章 朴魯学たちの引き揚げ
第4章 朴魯学たちの運動
第5章 帰還運動の広がりと壁
第6章 サハリン裁判と裁判実行委員会
第7章 アジアにたいする戦後責任を考える会
第8章 サハリン残留韓国・朝鮮人問題議員懇談会
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP