テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
軍艦奉行木村摂津守 : 近代海軍誕生の陰の立役者
土居良三著
-- 中央公論社 , 1994 , v, 297p. -- (中公新書 ; 1174)
ISBN : 新<9784121011749> , 旧<4121011740>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
浜御殿で生まれ育ち、若くして幾多の要職を勤めた木村喜毅は、長崎表取締並海軍伝習取扱になったことが契機となって軍艦奉行となり、その後も幕府の海軍建設に貢献した。
咸臨丸のアメリカ航海では司令官として、また遣米使節副使として優れた外交能力を発揮した。
明治政府になっても、その人格・経歴に対する評価は高く、在野から日本の近代海軍建設に力を尽くした。
本書は、木村の行動の軌跡をたどりながら、幕末日本の諸相を描く。
浜御殿奉行の嫡子
長崎海軍伝習所取締
咸臨丸出航前後
遣米副使木村摂津守
江戸の軍艦奉行
木村芥舟の生活と後継者たち
勝、福沢の死と晩年の芥舟
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP