テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
サウジアラビア : 岐路に立つイスラームの盟主
小山茂樹著
-- 中央公論社 , 1994 , 252p. -- (中公新書 ; 1187)
ISBN : 新<9784121011879> , 旧<4121011872>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
広大なアラビア半島の砂漠地帯にあってメッカ、メディーナのイスラーム二大聖地を抱える国、サウジアラビア。
世界の石油情勢の動向を支配するこの国の理解なしに中東と石油を理解するのは不可能である。
それにもかかわらず、自由な取材活動が制限されていることもあり、そのイメージは依然として砂漠の王国の域を出ない。
本書は建国から湾岸戦争後の今日に至るこの国の実像を、可能な限り広い視野からダイナミックに描き出す。
序章 変貌するサウジアラビア
第1章 風土・民族・宗教
第2章 イブン・サウードの登場
第3章 アラビア半島の統一
第4章 石油の発見
第5章 OPECの創設
第6章 サウジアラビアの発展
第7章 サウジアラビアの石油政策
第8章 転機に立つサウジアラビア経済
第9章 サウジアラビア王制の安定性
第10章 揺らぐ王制の安定基盤
結びに代えて 岐路に立つサウジアラビア
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP