テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
内外価格差 : もうひとつの物価問題
白川一郎著
-- 中央公論社 , 1994 , iii, 213p. -- (中公新書 ; 1208)
ISBN : 新<9784121012081> , 旧<4121012089>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
GNP世界第二位を誇る日本がいまひとつ生活の豊かさを感じえない原因に内外価格差の存在がある。
そしてこれはカルテル、保護主義、規制といった日本市場の歪みに起因する現象として海外の批判を浴びている。
様々な規制を緩和することによって市場メカニズムを甦らせ、内外価格差を縮小することはいまや日本の政策目標であるが、それは厳しい競争社会への参入を意味することでもある。
経済行政の現場体験を通して日本の課題を考える。
第1章 内外価格差問題の経緯
第2章 内外価格差の実態
第3章 内外価格差是正の効果
第4章 知られざる公共料金の世界
第5章 消費者の自由な選択をめざして
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP