テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
平成金融不況 : 国際経済危機の中間報告
高尾義一著
-- 中央公論社 , 1994 , iv, 244p. -- (中公新書 ; 1214)
ISBN : 新<9784121012142> , 旧<4121012143>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
一九九一年初頭以来、三年半におよぶ不況は巨額の不良債権、膨大な対外不均衡、異常円高、雇用危機等を抱えたまま未だ出口を見出していない。
今次不況の最大の特色は、バブル崩壊を反映した金融システムの信用失墜である。
金融面の悪化が実体経済に反映し、実体経済悪化が金融面に波及しているのである。
アメリカの経済運営変化、ドイツ統一コストの圧力、BIS規制の制約等の内外情勢を踏まえて、金融市場の現場から経済の実状を報告。
第1章 株価大暴落
第2章 危機に直面する金融システム
第3章 G‐7体制と資産インフレ
第4章 バーゼル合意の形成
第5章 ドイツ再統一の余波
第6章 米国のクレジット・クランチ
第7章 長期化するデフレ不況
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP