テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
天皇親政 : 佐々木高行日記にみる明治政府と宮廷
笠原英彦著
-- 中央公論社 , 1995 , iii,195p. -- (中公新書 ; 1231)
ISBN : 新<9784121012319> , 旧<4121012313>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
維新の一大理念であるはずの天皇親政は、明治政府誕生後間もなくして形骸化した。
事態を憂慮した天皇側近の元田永孚、佐々木高行ら侍補グループは、名実ともに実効ある親政とすべく、薩長藩閥政府に対峙する。
本書は、明治天皇から「左右ニ陪シテ誠ニ進規ニ尽ス」の御沙汰を下賜された数少ない維新官僚・佐々木が残した膨大な日記を読み解き、その親政論の政治的意義を明らかにするとともに、当時の政府と宮廷の状況を描出する。
序論 天皇親政論の系譜
第1章 明治維新と佐々木高行
第2章 公議政治と佐々木高行
第3章 維新改革と佐々木の政局観
第4章 維新の宮廷
第5章 天皇親政運動と佐々木高行
第6章 侍補職廃止後の天皇親政運動
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP