テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
明治の外国武器商人 : 帝国海軍を増強したミュンター
長島要一著
-- 中央公論社 , 1995 , ii, 194p. -- (中公新書 ; 1255)
ISBN : 新<9784121012555> , 旧<4121012550>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
デンマークの名門の牧師の家に生まれ、優れた海軍士官であったバルタサー・ミュンターだったが、軍上層部との対立もあって退役、その後アームストロング社の代理人となって来日し、帝国陸海軍との関係を深めていく。
特に海軍には戦艦・武器を売り込むとともに、自らの海軍の知識と経験を生かして技術・操練指導を行ない、後の日清・日露戦争勝利の礎を築くことになる。
なぜか滞日時代が謎に包まれている親日武器商人の実像に迫る。
序章 ミュンターの横顔
第1章 国際人ミュンターの背景
第2章 死の商人ミュンターの東洋体験(一八八七—九一)
第3章 仕掛人ミュンターの根回し(一八九一—九四)
第4章 武器商人ミュンターの活躍(一八九五—九八)
終章 帰国後のミュンター
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP